多忙な暇人のブログ

AC、ACE、Tales of、GE、東方、ZOIDS、R-type,フレームアームズ大好き。ACVはチーム「July」で活動中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーマード・コア サウンドコンサート2013

というわけで行ってまいりました

最初は大学の友人と二人で行く予定でしたが、行きの電車の中でアルスさんを誘って3人で行くことになりました
ほんとはもうちょっと前からスカイプで聞くつもりだったんですが一度も会わぬまま当日になってしまいメールでの電撃勧誘となってしまいました^^w


この前のACV発売前イベントが開場1時間半前に到着したのにすでに長蛇の列ができていてヤバかったので、今回もそんな人数は集まらないだろうけど一応早めに行こう、ということで早めに家を出た結果開場2時間前に到着なんてことになりました

速すぎワロッシュメント

それでも一番乗りというわけではなく、すでに5,6人は来ていましたが


到着後は既に近くに来ていた友人とLRPで対戦しつつ時間まで待機

久々の対戦でずっと2Pやってましたが、対戦するたびにだんだん一歩先の入力が染みついてきてラグが分からなくなってくる感じが、大会前に練習していた時期を思い出して懐かしかったですね

大分腕がなまっていてかわせる弾もかわせなかった感じがしますが、LRPのモチベが上がるいい刺激となりました



その後、アルスさんが到着し、LRPの公式大会で地雷伍長の被り物のをしていたハラショーノフさんや、ちょくちょく絵を見かけていて名前を聞いたことがった19さんなどに会うことができました

因みに、アルスさんがこの人レモンさんじゃね?って言ってた人を二人で目の前に行って凝視しましたが結局別人でした。めっちゃすみません^w^



そして開園時間が近づいてきたので、複数ある扉からここが入口じゃね、と山張ってたら見事に的中したのですきな場所を取れました。3列目くらいがちょうどいいかなと思いましたがここは初のFreQuencyをがん見するために最前列を確保

結果としてヴァイオリンの北村さんやステージぎりぎりまで寄ってきた星野さんがめっちゃ目の前、音大の合唱団に入っていた高校の友達も真正面でした


以下演奏された曲



―音大スペシャルユニット―
1. ACfA ~opening act ~

2. Set the Sunset

3. Curtain Fall ~end roll~

4. Cadence Call

5. Force

6. Choral


やっぱり生演奏はいいですね。迫力がだんち

特にForceは管楽器の迫力が生きていてかっこよかったです
特にチューバ、トランペット、クラリネットがおいしい所持ってましたね

Choralは事前にACVのサントラを聞いていてこれは絶対出るだろうと期待していた曲でした
合唱団出すのにこの曲を出さなくて何を出すか
ACVのストミではいきなりコーラス系BGMでのミッションが始まり、ストーリー的にも転機の後の静寂でかなり印象的だったのを覚えています




―FreQuency―
1. V
2. Vanishing
3. Lament over the Howling Age
4. Remenber
5. Someone is Always Moving on the Surface
6. Fall
7. Thinker
8. Artificial Sky

アンコール Silent Line

合唱団とのコラボでもう一曲 Cosmos


全体的にREPRISESアレンジをさらにライブアレンジした楽曲が多かったです

今回はヴィオリン押しで、すべての曲にヴァイオリンのソロ要素が入っていました
ヴァイオリン好きの自分歓喜。しかも北村さん目の前という

Lament over the Howling AgeやSilent Lineはもともとヴァイオリンが使われていた曲だけあって一番楽器が生きていてかっこよかったです

Fallはシリーズ通して一番好きな曲なので生演奏が聞けて感動しました
2ndアルバムのSunriseにも収録されるようなので期待せざるを得ないですね


最後のスペシャルコラボのCosmosは〆を飾るにふさわしい、FreQuencyの演奏と合唱団の生コーラスでの迫力のある一曲でした
Let it go around the cosmos! Over the pain!

因みに音大ユニットと、休憩はさんでFreQuencyの演奏前には電通のDJによるCG動画付きの演奏が聴けました
実際のゲーム画面を組み込んだCGの演出はヤバかったですね。音楽と動画を融合させたものは今までほとんど見たことがなかったので新しい刺激になりました





こんなにテンションが上がったのは久しぶりですね。金剛に初期ラジ位加熱しました

演奏後のサイン会では一言ながらもFreQuencyの方たちと言葉を交わすことができました

大阪でなかなか会えることがないので貴重な経験でしたね
また来年もこのコンサートが開かれるならまた飛んでいきたいところです

サイン

ヒャッハー


今回の演奏曲もCD出してほしいくらいですね。アンケートの要望に書いておけばよかった

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。